カテゴリー「岐阜県」の8件の投稿

2013年11月 4日 (月)

天下分け目の関ヶ原②

11月2日(土)

史跡めぐりの順番 東軍 西軍 反応軍 〇その他 

  ①歴史民俗資料館 →  徳川家康最後陣跡 → 田中吉政陣跡 →
  細川忠興陣跡   →  黒田・竹中陣跡   → ⑥決戦地    →
  石田三成陣跡   →  島津義弘陣跡    → ⑨開戦地    →
  小西行長陣跡   →  宇喜多秀家陣跡  → 平塚為広碑  →
  大谷吉継墓    →  大谷吉継陣跡    → 脇坂安治陣跡 →  
  福島正則陣跡   → 藤堂・京極陣跡    → ⑱西首塚     →
  本多忠勝陣跡   → 松平・井伊陣跡    → 21東首塚 
 
   
 
 
 
 

044_480x640_2

047_480x640徳川家康最後陣跡    史跡めぐり、ここが最初です。

064_480x640_2060_640x480_2

062_640x480_2黒田・竹中陣跡にて 山の上から眺めて。

062_640x480

069_640x480073_640x480石田三成陣跡にて 笹尾山へと登って行きます。

080_640x491_2076_640x480_6

説明をうけている夫君

082_640x480_3

084_640x480_2_4⑥決戦地にて

090_640x480

092_640x480_640x480⑨開戦地

127_480x640_3129_640x480_2

福島正則陣跡

上の順番で道を間違えて⑮だけ行くことができませんでした。
南を連れていたので、全部歩いて行ったわけではありません。
近くまで車で行き、何か所か歩きながらめぐっていました。
細い道なので、車では危なかったですね。
やはりレンタサイクルで回って歩くのが一番だと思いました。

 

 

082_640x480_2

076_640x480_2

076_640x480

105_480x640

天下分け目の地関ヶ原①

11月2日(土)142_640x449
夫君がかねてから行きたがっていた関ヶ原に史跡めぐりに行ってきました。
朝6時過ぎに自宅rvcarを出ました。予定では4時間くらいと予定をしていたのですが、
途中に渋滞が何か所があり、5時間半ほどかかってしまいました。
渋滞個所は、お伊勢さんにいくIC出口付近などありました。 

018_640x471新東名が開通して1年半。我が家は初めて新東名に乗りました。
いつもの松野お山コース(左側のガード)から並行して見える新東名です。
トンネルが多かったです。5個続けてなんてのが2~3か所ありました。
山の中走っているんだから当たり前ですね。

022_640x480静岡SAに立ち寄ってみました。まだ早い時間で開店前でした。

029_640x480最後に立ち寄った3時間ほど走ったSAにて。
南のストレス発散するために、ドックランさせてきました。

068_640x480

040_640x480

11時半すぎに資料館に着きました。
史跡めぐりは、ここから始まりました。16時半まで5時間散策してました。

033_480x640

036_640x480夫君、自分が戦国武将になった気でいます。

2011年5月19日 (木)

ぎふ清流マラソン④観光編

Dc051512_2

シャトルバスで県庁に着いたのが大会も終わり交通規制が解除になった時間でした。
岐阜の名物の岐阜城がある岐阜公園の駐車場へ向かいました。
有料駐車場が満車状態。どこへ止めようかとうろうろとしていると、無料駐車場の矢印を見つけその方向へと行って見ました。
そこは長良川の河川敷でした。
ここの景色見たことあると思っていると、コース上でした。
こんな所を走っていたんだと、思い出しながらコースを見ておりました。

Dc051513_2岐阜城は、金華山の山頂にあります。
岐阜城 →こちらから

岐阜城へ行くには、岐阜公園の中にあるロープウエイに乗っていきます。

金華山には、10箇所ある登山道がありますが、時間もなく我が家はロープウエイに乗り、岐阜城へ向かいました。

Dc051515

ロープウエイを降りて、山頂まで上っていきました。

Dc051528

Dc051525Dc051526

Dc051518

岐阜城の天守閣からの眺めです。大会会場の競技場が見えました。
もう祭の後。だれも競技場にはいないようです。
下の画像は、コースです。長良川が青く綺麗でした。

Dc051522 Dc051520_3

Dc051523_3

岐阜城を散策して駐車場を出発したのが、2時半過ぎでした。
休憩したり、買い物してきたりしましたが6時半には自宅に着きました。
夫君運転お疲れ様でした。

ぎふ清流マラソン③

Cut2011_0519_2055_44

Cut2011_0519_2100_34

Cut2011_0519_2109_52

Cut2011_0519_2058_45_3

2011年5月18日 (水)

第1回 ぎふ清流マラソン③ 

5月15日(日)大会当日
大会会場のメモリアルホールには、駐車場がありません。
案内では、前日受付で駐車場の抽選ということでしたが近場の皆さんの協力で抽選がなくなり、駐車票を貰うことができました。

前日に
①駐車行く場合は、最寄の駅まで徒歩15分、電車に乗り15分ほどで岐阜駅に到着
そこからシャトルバスに乗って10分~15分で会場へ
②車の移動で臨時駐車場となっている岐阜県庁までは15km20分~30分。
シャトルバスに乗り15分で会場へ

夫君は車の運転が疲れてようで①で行こう言い出しましたが、私はせっかく岐阜にきたのだから岐阜城に行きたいので②で行くことを押し、夫君が負けました。

Dc051558

道路状況が分からないので、ホテルを5時半過ぎに出かけました。rvcar
(ホテル内の駐車場からは一番最初に出かけたようでした)
道は空いており、臨時駐車場の岐阜県庁20分歩ほどでに着きました。
我が家は、早くきすぎたと思っていたのですが、もっと早く着ているランナーの皆さんがいました。
シャトルバスに乗ること15分。6時半に会場に着きました。
会場付近の芝生では、早めにきているランナーさんが準備をしていました。

Dc051560

スタート時間が9時なので、まだまだ時間があります。
スタート地点へ行き記念に写してきました。

Dc051504

スタート30分前、スタート地点へ行く前に写しました。

Dc051503_3整列は、申告タイムのブロック別になってました。
私は特別に速いタイムでなく、最近のタイムを書
いての申告しました。
Aブロックの横が、サブグランドでした。
招待選手の皆さんがアップをしている様子が見えました。
並んで待っているとあのヌデレバさんが、横を歩いていきました。
こんな近くで見れてもう超~興奮。

スタート15分ほど前から、Qちゃんの母校の岐阜商業のブラスバンドの演奏。
そして挨拶や招待選手の皆さんの紹介などをして、盛り上がっていました。
Qちゃんも走ると言ってました。

レースですが、先週の雨で5日間走らず体重2km増です。
体が重くて、重くて走れず、そしてスピードも出ないです。sweat01wobbly
1km走ったところで岐阜駅までは下りですが、キロ/5分でしか走ることができなかったのでタイムは気にせずに楽しむ事にしました。

Qちゃんのお声でヌデレバさんやエリートランナーさんが大勢参加して、そんなランナーさんたちと同じコースや同じ風を感じて走れて幸せでした。heart04

コースには、6~7km付近の「川原町」という昔ながらの懐かしい街並みを走りました。
ここは、行ってみたいと思っていたところだったので、コースで走れてすごくうれしかったです。そして、応援や私設エイドのおば様の麦茶がとてもおいしかったです。japanesetea
先を走っていた夫君がここのエイドで待っていてくれました。
ここからは、二人で走っていきました。
川原町を出ると鵜飼観光船乗り場がありました。
夫君は、船を見るなり「屋形船」などと叫び、恥ずかしい思いもしました。coldsweats01
長良川も青く綺麗でした。

その後、沿道の応援の方が大勢楽しませてくれました。
チアガールの応援は、かわいかったです。
子供達や地元の高校生の男子、女子は声上げて応援してくれていました。
子供達やおじ様・おば様のハイタッチは、ほとんどしてきました。
反対側だったらそのつどコース横切って行っていました。
「がんばれ~~」コールには、「ありがとお~~」と夫君とともに返事をしながら走ってきました。

Dc051509すごく・すごく・すごく楽しいコースでした。ラストは少しだけペースも上げられ気持ちよく夫君と手を繫いでゴールできました。
ゴール手前でQちゃんが待っていてくれました。思わず両手で握手しちゃいました。
そして、地元のカメラにインタビューもさちゃいました。
画像のブルーのシャツを着て背中を向けているのがQちゃんです。
ゴールしてくるランナーとハイタッチしてくれています。
ゴール後のトラックを歩いていると、Qちゃん母校の岐阜商業の男子生徒さんが並んでおり、「お疲れさま」とランナーの皆さんに声をかけてくれていました。ほのぼのと。。。happy01

Dc051506

Dc051508

完走後に。暑くて、大変でした。

Start 00:00:25
5km 00:24:14 0:23:49
10km 00:48:39 0:24:25
15km 01:12:55 0:24:16
20km 01:36:41 0:23:46
Finish 01:41:41 0:05:00

Dc051510_2まいちゃんからプレゼントしてもらった、かわいいタオル初使用です。
夫君も使いました。

Dc051709

広場では、くつろぐ人々。

Dc051708我が家は、暑い中で高山ラーメン など食べました。

その後は、シャトルバスに乗って岐阜県庁へとかえりました。

つづく

高橋尚子杯 第1回ぎふ清流マラソン②

ホテルで、参加賞の確認しました。

Dc051712

プログラムと一緒に入っていたものには、ファイテン特製ブレスレットとシューズ入れです。

Dc051703

一人一人に手書きの岐阜市内の小学校の生徒のメッセージが入っていました。
私の中には、智奈津ちゃんのが入っていました。
こんなかわいいメッセージ、うれしいですねえ~heart04

Dc051702

このシールは、体につけて走るのでしたが忘れてしまいました。
思い出として取っておきます。

づづく

2011年5月17日 (火)

高橋尚子杯、第1回ぎふ清流マラソン ①

Dc0517105月15日(日)に結婚25周年ringイベントとしてぎふ清流マラソン走ってきました。
この大会に申し込んだのは、5月15日は野辺山71kmをイベントとして走る予定でした。
大会が中止となりどうしようかと思っていました。
ランネットを開くと、3月ごろで参加受付が終了していたと思っていたこの大会が、2次募集で4月25日までそれもチャリテイー枠として2000人募集していました。
じゃあ、Qちゃんに会いにエントリーしました。

(チャリテイー枠とは、参加費が全額募金へ。名簿の印刷に間に合わないから名前が載らない。というもの)
ただ、名簿に名前が載らないだけで、他は何もかわりません)

急遽のエントリーでしたので、すぐに岐阜市内の宿をネットで検索してみたのですが、お手ごろ宿は満室状態でした。そこで隣の市の各務ヶ原市(かがみがはら)のホテルなら空いていたので、こちらにとなる事にしました。

5月14日(土)前日受付
南の面会が11時の予約でしたので、道路の混雑を考えて早めの9時半rvcarに自宅を出ました。
ワンコ先生のところへは、やはり混んでいたので10時50分に到着でした。
30分ほど訓練を受けてから富士ICへ12時に乗り10分ほどの富士SAに立ち寄り昼食を取って、いざ岐阜へと出発です。

3時間ほどrvcarを走らせ、東名~東海北陸自動車道の一宮木曽川ICに近づきました。
ここのICは、1月のいちのみやタワーパークマラソンの時に降りたICです。
ここで岐阜までのナビを入れると、ここのICで降りるようにと指示が。。。
ほんとうは、次のIC岐阜各務ヶ原ICで降りる予定でした。
降りてしまったら、どこをどう走っているのかさっぱりわかりませんでした。
各務ヶ原ICからの地図は用意してあったのですが、ここからの地図はもっていないのでナビ任せでメモリアルセンターを目指しました。

Dc0515623時半ごろに、メモリアルセンター付近に到着しました。
前日受付の場合は、臨時駐車場からシャトルバスに乗って来ないとダメのようでした。
野球場や競技場のイベントがあって駐車場はなしということでした。
案内では夕方は、空いてくるということでした。
駐車場はどこかとうろうろとしているとやっと見つかりました。
無事に止めて受付会場へと向かいました。

Dc051537

Dc051538

受付中です。

Dc051536

Qちゃん像の前で、一応同じ格好をしているつもりです。

Dc051535

Dc051533

広場では、くつろいでいる皆さんが大勢いました。

Dc051539_2

下の広場では、スポーツ用品や復興用品などのブースが出てました。

Dc051705

タイミングよく、ちょうどサンプラザ中野さんのトーク&ライブイベントが16時から始まり聞く事が出来ました。
この時間は、風が吹いていてサンプラザさんが「明日は、風は止む。吹かない」と大声で言っていました。
この言葉通り翌日は風もなく、ただ暑い日となりました。

Dc051550

Dc051552_2

競技場内に入ってみました。山の上に小さく見えるのが岐阜城です。
翌日は、この岐阜城から競技場を見ていました。

17時半過ぎになってしまい、急いでホテルへと車を走らせました。
ホテルまで15kmほど。ナビがまた狭い道を走らせ夫君は、疲れきったようでした。
ロビーにいると、チェックインしてくるお客さんは、マラソンに参加する方がほとんどでした。

2011年5月15日 (日)

高橋尚子杯 第1回ぎふ清流マラソン

結婚25周年記念ランイベントとして、Qちゃん主催のぎふ清流マラソンに参加してきました。
とにかく、沿道の応援や会場の雰囲気、コースなどなどすっごく楽しい大会でした。

詳細は、また後で。

Dc051504