« 第37回静岡駿府マラソン | トップページ | 妹に助けられ »

2012年3月12日 (月)

母の入院

午前10時過ぎに携帯が突然鳴った。
sign02妹からだった。
妹からの電話は、いいことがない。
何だろうと出ると、母親が転んで足を骨折して救急車で運ばれたというものだった。
妹の職場に消防隊の方から直に連絡が入ったそうだ。
仕事を途中で切り上げて、私立病院に駆けつけた。
洗濯を干そうとして、滑って転んだようだ。
自宅には誰もいなかったので、ご近所の方に救急車を呼んでもらったそうだ。
母は、2007年に左足を骨折して手術をしている。
この骨折から、余り歩くことができなくいつもふらふらとしていて今にも転びそうな
感じを受けていた。
今度は右足を骨折。これで両足骨折。
前回はリハビリがうまくいかず痛い痛いで通ってきた。
今回は、ちゃんと治してほしい。
そうでないと歩くことができなく、寝たきりになってしまう。
今日は、主治医が手術に入ってしまい、今後の詳しい話はできなかった。
私、南を獣医さん(ホテル)に迎えにいかなければならなかったから妹に任せてきた。
明日、ちゃんとお話があるようだ。たぶん木曜日の午後に手術になりそうだ。
母の骨折は、妹や私にとっていっつもタイミングが悪い時にやってくれる。
両手足骨折している。

« 第37回静岡駿府マラソン | トップページ | 妹に助けられ »