« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

猿です。(*^。^*)

Dc053101

本日31日は、夫君◎◎歳の誕生日です。
今年は、かわいさでこんなケーキcakeを買ってきちゃいました。
いい大人が、子供見たいなことをしています。coldsweats01

 

2011年5月30日 (月)

落ち着かない日々が・・・(>_<)

日曜日のtyphoonの中、南dogを迎えに行きました。
4ヶ月平和な日々を送っていたのですが、この2日間で振り回されています。
性格は、なかなか変えられないもの。
少しは、良くなっているとは感じているものの吠えるは、なかなか治らないもんです。
これから先、また悩まされそうです。

2011年5月27日 (金)

なんとか打ってます。

梅雨入りしました。例年より早いようです。

Dc052701

今日、仕事帰りにキーボードを買ってきました。
店員さんに「応急処置で使うので、一番安いキーボードでいいです。coldsweats01」と言ってキーボードを出してもらいました。
このキーボードほんとに安いです。980円moneybagです。
電気店のポイントで買ったので、本日の支払は0円でした。
ノートパソコンとこのキーボード、少し使い勝手が違うので慣れるまで少し時間がかかりそうです。happy02

我が家のパソコン2004年に買ったもので、もう7年になります。
故障するお年頃です。

昨日、このパソコンの修理依頼に行った電気店の店員さんの言葉です。
パソコン見るなり、
「750シリーズなんですね。良いパソコン使っていますね。
この750シリーズは、まだ続いています。
お客様のこのパソコンは750シリーズが出たばかりのものでしょう。
高かったのではないでしょうか」と言われました。

高かったかどうかは、覚えていないですね~
どの機種を買うかが夫君が決めたので、私には良いのかどうかは分かりませんsign02

2011年5月26日 (木)

携帯からです。
仕事帰りにパソコン修理依頼に行ってきました。
キーボードの故障は、基盤だそうです。
修理に三万以上かかりそうと言うことでした。(-o-;)
取りあえず、聞くだけにして帰ってきました。
応急措置として、昔使っていた、ほこりがかぶっているディスクトップのキーボードを繋ぎ使ってみました。
でも、、、このキーボードもKが出ません。
使い道がないです。(ノ△T)

2011年5月25日 (水)

更新できません(>_<)

パソコンのキー壊れました。
4・5・R・T・F・G・L出ません。打てないてす。
ローマ字打ちとひら な打ち交互にかえて打って時間かかるので更新できません。

2011年5月23日 (月)

安部奥トレランツーリング

5月22日(日)

Dc052206

ミキテイーちゃんに誘われて、地元のスポーツ店主催のトレランツーリングに参加してきました。
最初、県民の森xmasってどこどこsign02行ったことないなあ~
ミキテイーちゃんに聞くと、清水から1時間半~2時間という、静岡県内でも遠いところでした。coldsweats01
自宅をrvcar6時に出かけ、待ち合わせのコンビニに6時25分頃到着。
40分に待ち合わせのだったので、ここで朝食を取って待っていました。
その後合流し県民の森まで行くのですが、まあ~まあ~びっくりeyeくねくね道で果てしなく遠く、夫君走るよりも疲れたととか、運転で腕も疲れたと「ぶう~ぶう~~」とpunch
8時半集合。15分前にやっとたどり着けました。

コースは、井川県民の森~笹山峠~牛首峠往復の10kmです。
予定では、牛首峠の先伏峠往復20kmでしたが、天候(rain)が良くないため10kmの短縮コースになりました。
私は、下りが超~~~~苦手です。下りが遅いので最後まで最後尾を走ってました。
下りをスイスイと走っていく皆さんがうらやましいと、追いつけない自分に汗sadsweat01sweat01
ミキテイーちゃんの友(名前忘れてしまいました。すみません)に、最後尾を遅く走る私を最後までサポートしてしていただき、申しわけなかったです。

Dc052203

先ずは、準備体操から。

Dc052207

望月将吾さんの、下りの走り方。
下りを怖い、怖いと思っては、余計に走れないと。。。
ううう~~~ダメだです~。怖くて足が出ないよお~weep
慣れというけれど、ロードの下りも苦手なのにトレイルはもっと苦手です。
苦手意識が強いです。もっと走れればトレイルが好きになれるんでしょうけれどheart04

Dc052208

10kmを2時間10分走ってきた後は、自己紹介をしていきました。
トレイル好きな方ばかりだと、良くわかりました。

Dc052210

自宅に帰ってきたのは、15時ごろ。
どんよりcloud空です。いつrainが降ってもいいような空模様です。
毎週の恒例ラン。体がうずうずとしてロードの松野お山へ。ショートコース 11.5kmを走ってきました。

2011年5月21日 (土)

初トライ

Dc052105_3

富士宮市の白糸滝です。
今まで、車では何回か訪れておりますが、自宅から走って行ったのは初めてのことです。
ロングの練習をするのに(本日は一人行動)、何か目的がないと走れないなあ~と思って、白糸滝を思いつき、いざ実行してきました。

富士宮市は富士山のすそ野です。平らな場所はありません。
今日は、国道139号線をひたすら上りの白糸滝を目指しました。
途中コンビニがあると、ついついと休憩を取ってしまいます。
何回とったかなあ~。一人だと、負けてしまう~coldsweats01
走って上ること24km。2時間50分。
途中、白糸近くの急坂に負けて歩きがはいっちゃいました。

Dc052106

白糸滝を散策中です。
マイナスイオンをいっぱい吸ってきました。

Dc052101

冷たい天然水で冷えているトマトときゅうり。
おいしそうでした。
でも買わなかったですmoneybag

散策を30分ほどしてから、下っていきました。
帰りは、シューズが合わなかったのか??
右側の股関節が痛み、ストレッチをしながら歩いたり走ったりして帰ってきました。

上りも下りもかわらないい時間でやっと自宅へ辿りつけました。
下りは岩本山経由で23km。
足が出来ていないと凹む 
コンビニ休憩や散策を含み6時間でした。

2011年5月19日 (木)

ぎふ清流マラソン④観光編

Dc051512_2

シャトルバスで県庁に着いたのが大会も終わり交通規制が解除になった時間でした。
岐阜の名物の岐阜城がある岐阜公園の駐車場へ向かいました。
有料駐車場が満車状態。どこへ止めようかとうろうろとしていると、無料駐車場の矢印を見つけその方向へと行って見ました。
そこは長良川の河川敷でした。
ここの景色見たことあると思っていると、コース上でした。
こんな所を走っていたんだと、思い出しながらコースを見ておりました。

Dc051513_2岐阜城は、金華山の山頂にあります。
岐阜城 →こちらから

岐阜城へ行くには、岐阜公園の中にあるロープウエイに乗っていきます。

金華山には、10箇所ある登山道がありますが、時間もなく我が家はロープウエイに乗り、岐阜城へ向かいました。

Dc051515

ロープウエイを降りて、山頂まで上っていきました。

Dc051528

Dc051525Dc051526

Dc051518

岐阜城の天守閣からの眺めです。大会会場の競技場が見えました。
もう祭の後。だれも競技場にはいないようです。
下の画像は、コースです。長良川が青く綺麗でした。

Dc051522 Dc051520_3

Dc051523_3

岐阜城を散策して駐車場を出発したのが、2時半過ぎでした。
休憩したり、買い物してきたりしましたが6時半には自宅に着きました。
夫君運転お疲れ様でした。

ぎふ清流マラソン③

Cut2011_0519_2055_44

Cut2011_0519_2100_34

Cut2011_0519_2109_52

Cut2011_0519_2058_45_3

2011年5月18日 (水)

第1回 ぎふ清流マラソン③ 

5月15日(日)大会当日
大会会場のメモリアルホールには、駐車場がありません。
案内では、前日受付で駐車場の抽選ということでしたが近場の皆さんの協力で抽選がなくなり、駐車票を貰うことができました。

前日に
①駐車行く場合は、最寄の駅まで徒歩15分、電車に乗り15分ほどで岐阜駅に到着
そこからシャトルバスに乗って10分~15分で会場へ
②車の移動で臨時駐車場となっている岐阜県庁までは15km20分~30分。
シャトルバスに乗り15分で会場へ

夫君は車の運転が疲れてようで①で行こう言い出しましたが、私はせっかく岐阜にきたのだから岐阜城に行きたいので②で行くことを押し、夫君が負けました。

Dc051558

道路状況が分からないので、ホテルを5時半過ぎに出かけました。rvcar
(ホテル内の駐車場からは一番最初に出かけたようでした)
道は空いており、臨時駐車場の岐阜県庁20分歩ほどでに着きました。
我が家は、早くきすぎたと思っていたのですが、もっと早く着ているランナーの皆さんがいました。
シャトルバスに乗ること15分。6時半に会場に着きました。
会場付近の芝生では、早めにきているランナーさんが準備をしていました。

Dc051560

スタート時間が9時なので、まだまだ時間があります。
スタート地点へ行き記念に写してきました。

Dc051504

スタート30分前、スタート地点へ行く前に写しました。

Dc051503_3整列は、申告タイムのブロック別になってました。
私は特別に速いタイムでなく、最近のタイムを書
いての申告しました。
Aブロックの横が、サブグランドでした。
招待選手の皆さんがアップをしている様子が見えました。
並んで待っているとあのヌデレバさんが、横を歩いていきました。
こんな近くで見れてもう超~興奮。

スタート15分ほど前から、Qちゃんの母校の岐阜商業のブラスバンドの演奏。
そして挨拶や招待選手の皆さんの紹介などをして、盛り上がっていました。
Qちゃんも走ると言ってました。

レースですが、先週の雨で5日間走らず体重2km増です。
体が重くて、重くて走れず、そしてスピードも出ないです。sweat01wobbly
1km走ったところで岐阜駅までは下りですが、キロ/5分でしか走ることができなかったのでタイムは気にせずに楽しむ事にしました。

Qちゃんのお声でヌデレバさんやエリートランナーさんが大勢参加して、そんなランナーさんたちと同じコースや同じ風を感じて走れて幸せでした。heart04

コースには、6~7km付近の「川原町」という昔ながらの懐かしい街並みを走りました。
ここは、行ってみたいと思っていたところだったので、コースで走れてすごくうれしかったです。そして、応援や私設エイドのおば様の麦茶がとてもおいしかったです。japanesetea
先を走っていた夫君がここのエイドで待っていてくれました。
ここからは、二人で走っていきました。
川原町を出ると鵜飼観光船乗り場がありました。
夫君は、船を見るなり「屋形船」などと叫び、恥ずかしい思いもしました。coldsweats01
長良川も青く綺麗でした。

その後、沿道の応援の方が大勢楽しませてくれました。
チアガールの応援は、かわいかったです。
子供達や地元の高校生の男子、女子は声上げて応援してくれていました。
子供達やおじ様・おば様のハイタッチは、ほとんどしてきました。
反対側だったらそのつどコース横切って行っていました。
「がんばれ~~」コールには、「ありがとお~~」と夫君とともに返事をしながら走ってきました。

Dc051509すごく・すごく・すごく楽しいコースでした。ラストは少しだけペースも上げられ気持ちよく夫君と手を繫いでゴールできました。
ゴール手前でQちゃんが待っていてくれました。思わず両手で握手しちゃいました。
そして、地元のカメラにインタビューもさちゃいました。
画像のブルーのシャツを着て背中を向けているのがQちゃんです。
ゴールしてくるランナーとハイタッチしてくれています。
ゴール後のトラックを歩いていると、Qちゃん母校の岐阜商業の男子生徒さんが並んでおり、「お疲れさま」とランナーの皆さんに声をかけてくれていました。ほのぼのと。。。happy01

Dc051506

Dc051508

完走後に。暑くて、大変でした。

Start 00:00:25
5km 00:24:14 0:23:49
10km 00:48:39 0:24:25
15km 01:12:55 0:24:16
20km 01:36:41 0:23:46
Finish 01:41:41 0:05:00

Dc051510_2まいちゃんからプレゼントしてもらった、かわいいタオル初使用です。
夫君も使いました。

Dc051709

広場では、くつろぐ人々。

Dc051708我が家は、暑い中で高山ラーメン など食べました。

その後は、シャトルバスに乗って岐阜県庁へとかえりました。

つづく

高橋尚子杯 第1回ぎふ清流マラソン②

ホテルで、参加賞の確認しました。

Dc051712

プログラムと一緒に入っていたものには、ファイテン特製ブレスレットとシューズ入れです。

Dc051703

一人一人に手書きの岐阜市内の小学校の生徒のメッセージが入っていました。
私の中には、智奈津ちゃんのが入っていました。
こんなかわいいメッセージ、うれしいですねえ~heart04

Dc051702

このシールは、体につけて走るのでしたが忘れてしまいました。
思い出として取っておきます。

づづく

2011年5月17日 (火)

高橋尚子杯、第1回ぎふ清流マラソン ①

Dc0517105月15日(日)に結婚25周年ringイベントとしてぎふ清流マラソン走ってきました。
この大会に申し込んだのは、5月15日は野辺山71kmをイベントとして走る予定でした。
大会が中止となりどうしようかと思っていました。
ランネットを開くと、3月ごろで参加受付が終了していたと思っていたこの大会が、2次募集で4月25日までそれもチャリテイー枠として2000人募集していました。
じゃあ、Qちゃんに会いにエントリーしました。

(チャリテイー枠とは、参加費が全額募金へ。名簿の印刷に間に合わないから名前が載らない。というもの)
ただ、名簿に名前が載らないだけで、他は何もかわりません)

急遽のエントリーでしたので、すぐに岐阜市内の宿をネットで検索してみたのですが、お手ごろ宿は満室状態でした。そこで隣の市の各務ヶ原市(かがみがはら)のホテルなら空いていたので、こちらにとなる事にしました。

5月14日(土)前日受付
南の面会が11時の予約でしたので、道路の混雑を考えて早めの9時半rvcarに自宅を出ました。
ワンコ先生のところへは、やはり混んでいたので10時50分に到着でした。
30分ほど訓練を受けてから富士ICへ12時に乗り10分ほどの富士SAに立ち寄り昼食を取って、いざ岐阜へと出発です。

3時間ほどrvcarを走らせ、東名~東海北陸自動車道の一宮木曽川ICに近づきました。
ここのICは、1月のいちのみやタワーパークマラソンの時に降りたICです。
ここで岐阜までのナビを入れると、ここのICで降りるようにと指示が。。。
ほんとうは、次のIC岐阜各務ヶ原ICで降りる予定でした。
降りてしまったら、どこをどう走っているのかさっぱりわかりませんでした。
各務ヶ原ICからの地図は用意してあったのですが、ここからの地図はもっていないのでナビ任せでメモリアルセンターを目指しました。

Dc0515623時半ごろに、メモリアルセンター付近に到着しました。
前日受付の場合は、臨時駐車場からシャトルバスに乗って来ないとダメのようでした。
野球場や競技場のイベントがあって駐車場はなしということでした。
案内では夕方は、空いてくるということでした。
駐車場はどこかとうろうろとしているとやっと見つかりました。
無事に止めて受付会場へと向かいました。

Dc051537

Dc051538

受付中です。

Dc051536

Qちゃん像の前で、一応同じ格好をしているつもりです。

Dc051535

Dc051533

広場では、くつろいでいる皆さんが大勢いました。

Dc051539_2

下の広場では、スポーツ用品や復興用品などのブースが出てました。

Dc051705

タイミングよく、ちょうどサンプラザ中野さんのトーク&ライブイベントが16時から始まり聞く事が出来ました。
この時間は、風が吹いていてサンプラザさんが「明日は、風は止む。吹かない」と大声で言っていました。
この言葉通り翌日は風もなく、ただ暑い日となりました。

Dc051550

Dc051552_2

競技場内に入ってみました。山の上に小さく見えるのが岐阜城です。
翌日は、この岐阜城から競技場を見ていました。

17時半過ぎになってしまい、急いでホテルへと車を走らせました。
ホテルまで15kmほど。ナビがまた狭い道を走らせ夫君は、疲れきったようでした。
ロビーにいると、チェックインしてくるお客さんは、マラソンに参加する方がほとんどでした。

2011年5月15日 (日)

高橋尚子杯 第1回ぎふ清流マラソン

結婚25周年記念ランイベントとして、Qちゃん主催のぎふ清流マラソンに参加してきました。
とにかく、沿道の応援や会場の雰囲気、コースなどなどすっごく楽しい大会でした。

詳細は、また後で。

Dc051504

2011年5月12日 (木)

写ってます。(*^。^*)

1_cut2011_0512_2041_05

裾野の写真です。またカメラマンを見つけて掛川と同様なポーズをしてしまいました。coldsweats01
ラスト3kmほどの場所です。
後ろには上り坂が写ってます。スタートと同時に200mの高低差を上って行ったのです。

Dc051002

翌日の新聞に掲載されていました。
小さく、小さく、どこかに載っています。

2011年5月11日 (水)

首が痛い特に右側が(。>0<。)

一時痛みがなくて、気持ちよく生活できていたのに。。。
昨夜は急に痛みだして、右を向いても左を向いても痛くて眠れず寝不足です。
余りにも痛くて、帰り際に病院に寄ってきました。
今回も骨には以上なし。とのこと
でも、首と頭のつがい(関節というのか)のところが、触っても痛いのです。
どうして、こんな痛みが出るんでしょう。
年・・・加齢・・・老化現象。。。
また、この痛みと付き合わなければならないと思うと憂鬱です。(u_u。)

運転rvcarが危ないです。右向けないです。

2011年5月10日 (火)

2度目のお引越し②

日曜日の富士裾野高原マラソンから帰宅後は、
15:30~18:00まで南dogのハウスつくりの続きです。

土曜日半分デッキを塗っておきました。
(母親孝行で実家へ行ってました。帰ってきて16:00~19:00まで色塗りしていました)
私は、あと半分のデッキの色塗りです。
夫君は、屋根つくりです(サイズが大きいので小さくしています)

Dc050817

色塗りも終わって乾いたところへ、屋根の修復も終わりデッキに取り付けています。

Dc050819

屋根を取り付けました。が。。。まだ金具でしっかりと止めてありません。
一応、日曜日はここまでとしました。
とりあえず、雨の心配がなくなりました。
後は、ぼちぼちと時間があるときにやっておきます。

2011年5月 9日 (月)

第35回富士裾野高原マラソン

Dc050808_6

数年ぶりに参加してきました。
5月5日に信州なかがわハーフマラソンをエントリーしていたのですがこの大会が早々と中止になりました。
新聞を「ふと」見るとまだ富士裾野高原マラソン は募集をしていました。
それじゃあ、野辺山も中止になったことだし年代別もあるしと思いエントリーをしました。

自宅を7時少し前に出かけました。ここまで1時間もかからずに到着します。

1_dc050812_2

背中には、「がんばろう日本」のゼッケンをつけて走りました。
Dc050810

コース案内です。4.5kmほどを高低差200m程を上ります。

Dc050807夫君は、今回も応援団員です。
高低差200mの坂を必死に上ってます。

5月なのに夏日になりました。暑かったです。

いつものんびりと自宅周辺を上りを走っているのでスピードが出ない。出ない。(^_-)-☆
前半の4.5kmほどの200m高低差の坂が余り足動かず、エッチラ、ホッチラとのんびりと上ってました。

部門1位のM野さんとは、抜くつ抜かれつのバトルしていました。
上りで先行してますが、下りの苦手としている私です。
7kmすぎからしばらく下りになります。ここでしっかりと抜かされていきました。
途中ゲストランナーの尾崎さんが「がんばれ~」コールしながら走っていました。
「尾崎さん」といったら、戻ってきて握手してくれました。すっごくうれしかったです。

その後2周目にはいる途中の上りでなんとか追いつき抜かしました。
平らになりすぐにまたで抜かされました。スピードの違いです。
そこからは下りだけ、離れるいっぽうでした。
下りのスピードが4分半切れていないんだもんね。当たり前ですね。^^;
M野さんは、夫くんと同じ年です。すっごく強いしスピードがあります。
どこにそんな力を持っているんでしょう。

Dc050801

15kmすぎの下りを走っています。
下りで抜かされて必死について行っているところです。
(夫君逆走してカメラを構えておりました)

Dc050802

ラスト4kmの下り坂を必死に走っております。
って、いっても下りが苦手なのでスピードが出ていません。
M野さんの背中が見える範囲で頑張っているのですが、なかなか距離が縮まないでいます。

Dc050813

競技場のゴールでは、ランナーを応援してくれる地元の太鼓が響いていました。

Dc050806_2

表彰式に間に合わなくて一人で台に立ちました。

結果は50代以上の部 2位 1:43:46

26:28-23:51-24:27-28:56 
ラスト6kmのうち4kmは下りなのにタイムがのびていません。

2011年5月 6日 (金)

2度目のお引越し

昨日の5月5日。
午前中9時ごろまでは、庭の選定と草取り
その後9時~15時すぎまで昨年の3月に続き、2度目の南のハウス引越し作業をしていました。
その後は、買い物、夕食の支度でランする時間がなくなりました。
ランは短い距離でおしまい。(作業疲れで足ほぐし程度)

Dc032301_3どうして2度目の引越しかというと。
ワンコ先生から、この場所では南は余計に吠えてしまうというご指摘から、引越しすることにしました。

本当はもっと早くに行動をおこす予定でしたが、休みの度に出かけてしまって、なかなか出来ずじまい。

Dc050509

今回は、屋根部分だけ外して解体しないで運ぶことにしましたが。。。bearing
問題が門扉の広さです。
幅はいいのですが、庭がありカーブしているのです。
門扉を抜けたはいいですが、曲がるのに一苦労coldsweats01coldsweats02
力のない二人で必死に持ち上げてなんとか庭へと運びこみました。
腕や肩の筋肉痛は、本日もちろん出ています。

Dc050503

引越しの後。。。

Dc050502

必死に運びこんだハウスのネジのゆるみを修正中。

Dc050505

次は、ハウスを入れました。
このハウスは、先代のチャンプ兄ちゃんに20年前に作ってもらったものです。
まだまだ使えます。
夫君のお父さんが大工さんだったので、屋根はブリキ屋さんに頼んでもらい作ってもらい、ハウスの中は日本家屋で使う断熱材が入っているのです。
ワンコハウスにしては、豪邸なのです。notes

Dc050507

後ろ側のネジの調整をして、補強中

Dc050510

とりあえず上段は置くだけにして、引越し作業ここまでとしました。
後、屋根をつけて色塗りをして終わりなのです。
今月中でぼちぼちと引越し作業をして行こうと思います。、

2011年5月 5日 (木)

盲導犬になれますように♪

昨日の続きです。
Dc050508

Dc050429昨年の9月にも子犬の公開で富士ハーネスを訪れました。
今年も↑のような記事が載っていました。

帰りの通り道なので、寄ってきました。

Dc050417

GWなので、デモストレーション&説明を受ける見学者が大勢来ていました。

Dc050418

パピーウオーカーさんと盲導犬候補のワンちゃんです。
訓練士さんに、少し訓練されていました。

Dc050432

こちらは、盲導犬候補の訓練犬たちです。

Dc050421

子犬ちゃんたちは、お昼寝モードでした。
ねむくて、なむくて、ぼ~~としています。

Dc050425

ぼ~~として、ヨチヨチと出てきました。

Dc050426

こんなところで、寝てしまいました。むにゃむにゃsleepy

Dc050428

この子だけ、目が覚めたようでした。元気にぬいぐるみで遊んでました。

かわいい、かわいい、ワンコちゃんでした。
盲導犬として、活躍してほしいと思いました。

2011年5月 4日 (水)

ほんのほんの一部分♪

Pho_main_001

今日は、富士芝桜まつりを見に行きながらのランをしてきました。
情報ではほとんど咲いていないということを聞いていたのですが、どんなものかと出かけてみました。
情報はやっぱり合っていました。まだ、全然咲いていませんでした。

Dc050435

(画像、大きくなります)

朝、ばたばたしていて出かける時間が遅くなってしまいました。
139号線のバイパスが案の定渋滞でした。
そこで、途中から139号線へ迂回して71号線へとrvcarを走らせました。
71号線は、いつも河口湖方面へ行く時に通る道なので知った道です。
こちらの道は、すいすいとrvcarを進められました。

Dc050402

rvcarを富士ヶ嶺に止めて会場へ向かいました。(上の画像のオレンジの道)
この場所は。。。もう昔の昔、サテイアンが見える場所でした。
ここから、会場までrunで向かいました。
下りで4.5kmほどです。
139号線は、会場へいく車と富士五湖へと向かう車で渋滞していました。

Dc050406

情報どおりの、咲き具合でした。
咲いている場所をがほとんどありませんでした。
見るところないので入場無料でした。(入場料は500円、割引チケットで450円)
駐車場は、有料だったようです。

パンフレットのような綺麗な景色を見たかったので、パンフレットを持って写しました。

Dc050408

Dc050438唯一咲いている場所で写しました。

Dc050409

ここだけは、にぎやかでした。

Dc050415

芝桜を散策した後に、会場から3kmほど先の本栖湖へと足を運びました。

本栖湖に行くと、エイドの駐車場には、まだうっすらとウルトラのなごりが残っていました。
我が家は、車では本栖湖を1周したことはありますが、runでは初めての本栖湖です。
1周12kmが、景色を知っていないので長く長く感じ、そしてランがキツク感じました。happy02
(こんな事言うとウルトラを走った皆様には悪いのですが)
単にキツク感じたのは、足が出来ていないということでしょうね。

やっと1周して、復路です。復路は、上りです。
でも、本栖湖でへばっていたのにあと8kmほどと思ったら元気がでました。
上りを歩かず、駐車場までdashdashdashrun

27km 3時間20分(芝桜会場散策と本栖湖WC休憩含む)

その後、帰り道の盲導犬の里「富士ハーネス」へと立ち寄りました。
明日へとづづく

Dc050439

今日のランの疲れを取るために、由比の甘夏にwineをふりかけて。
さっぱりとしておいしくいただきました。

2011年5月 3日 (火)

久しぶりの3人で。(*^。^*)

午後から、何年ぶりかの3人での楽しいおしゃべりタイムでした。happy01cake
友人宅へ二人で出向き、私はかって知ったるhouseでさっさかと、2階へと上がっていきましたが。
東京の友人は、余り来た事がないので「部屋はどこどこsign02」と上がって来ておりました。
3人で会えたのは、もう何年も前の事。
休みに友人が帰ってきてもそれぞれのスケジュールが合わなく、なかなか会う機会がなかったのです。
今回は、3人揃いました。午後、まだまだ一緒に話ていたかったのですが、一緒にきた友人もあまり時間もなく帰ることにしました。
でも、楽しい、楽しい、一時でした。heart04heart04heart04
今度は会えるのは、いつになることでしょう。友人が元気になりますように。

2011年5月 2日 (月)

5月は

本日2日は、仕事でした。
明日から3連休になります。

昨年までは、連休を利用して遠征大会に参加していました。
今年も5月5日に3年ぶりに第1回大会に参加した「信州なかがわハーフマラソン」に参加する予定を立てていました。
でも、震災で早々と中止のお知らせがきました。

3年前は、ここを走ってから野辺山71kmへ挑戦でした。
今年も同じような展開をしようと思っていたのですが、5月15日の野辺山も中止になりました。

連休の行事がなくなって、なんだかつまりません。

2011年5月 1日 (日)

第21回チャレンジ富士五湖ウルトラ後半②

Dc043030

ここは野鳥の森公園です。6月にSAIKOロードレース大会の会場となります。
往復のエイドとなっている会場です。
12時半ごろまでは、しばらくここで待つことにしました。早めの昼食をとったりしてました。

Dc043028

11:50 72km 50km地点
8時スタートの72kmの部を走っている☆野さんが女子トップで通過してきました。
☆野さんを見送った後に、夫君はSAIKOの93km地点のエイドへrvcarを置き1周ランしてました。

Dc043031

私は、mimi姉さんをお迎えに精進湖入口の65km地点ほどに逆走をしていきました。
ほんとは、本栖湖まで行こうかと迷いました。
でも、細い歩道で本栖湖から帰ってくるランナーさんたちのジャマになってしまうのではないかと、ここで待つことにしました。(12:40頃~13:40頃)
そして、ランナーの応援をしてました。
声をかけると、皆さん「ありがとお~sign03」の声が返ってきます。辛いのに、こっちが「ありがとう」って返しかったです。
ここで、しばらく待っていると、mimi姉さんの宮古島2期生のAさんたちが、mimi姉さんを追っかけ応援にやってきました。
Aさんたちは、逆走応援で本栖湖まで走っていきました。
しばらくして待っていると西湖を走っている夫君から携帯に連絡が入りました。
mimi姉さんの応援ランで逆走している髭さんがと会ったということでした。
髭さん、コースを間違えて寂しそうにしているところへと夫君が通りかかったようです。(笑)
Dc043037

14:20
mimi姉さんが本栖湖をすぎたという情報を聞いて、私も本栖湖方面に逆走して迎えに向かいました。
会えたmimi姉さんと精進湖入口をすぎ、西湖へ向かっていると、髭さんと夫君も逆走してきてました。

Dc043035

Aさんも加わって。

Dc043038

14:40 90km地点
西湖野鳥の森へと帰ってきました。
髭道場、女子応援部隊揃いました。scissors

Dc043039

夫婦2組で。
髭さん2杯目の吉田のうどん持っています。
ここでの休憩時間が。。。
あとあと、mimi姉さんが髭さんへの。。。( #` ¬´#)

Dc04304015:00 93km地点
このエイドまで、一緒に応援ランしてきました。
西湖のこの場所のエイドにrvcarを止めていたので、お二人とは、ここでお別れです。
先にを走らせrvcar、河口湖の「かつやま道の駅」で待つことにしました。

Dc043043

15:55  101km位 かつやま道の駅にて

髭さん、mimi姉さんの様子を確認しながら走っています。優しいですね。

Dc043044

ここで応援し、ゴール地点の北麓公園へとで先回りしました。rvcar

Dc043045

16:45 ゴール地点の北麓公園から逆走すること3km。
ふじさくらcherryblossomが、満開で綺麗なコースの長い長い上り坂をランナーの皆さん走ってきていました。
でも、ランナーの皆さんラストの辛さでこんな綺麗な景色を見ている余裕などないんでしょうね。

Dc043054_2

17:05 粘りのある姉さんがやってきました。
後、少し走れば上りは終わりです。
ラスト1kmは下りです。
下りの得意な姉さん、ラストスパートです。

Dc043055

Dc043057

そして、感動のゴールです。
私は、ラスト1.5km必死に先に走って会場へと向かいました。
mimi姉さんと髭さんのラストスペーと余りにも早くて、カメラを構えるのがぎりぎりでした。
慌てていて、このようなピンボケ写真になってしまいました。すみません。coldsweats01シュン

朝から夕方まで一日応援が出来て、楽しかったです。happy01
途中の施設エイドの皆さんにも感謝します。
帰宅に帰ったのは、20時になりました。朝から運転手とランの夫君にも感謝します。heart04

続きを読む "第21回チャレンジ富士五湖ウルトラ後半②" »

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »