« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

変な指2

Dc073101_2 Dc073106
左右の指です。右の指のふくらみわかりますか?
右手はシワがなくなってしまいました。痛みあります。weep
なんにもした訳ではないのに、どうしてなんだろう。
病院は外科?で診てもらおう方がいいのかな?
木曜日って午後からは外科の病院はほとんど休み。
仕事していて気になるので、外科ではないのですが神経内科に行ってみた。
とりあえず採血して、リウマチ検査をお願いしてきた。
来週もまだ腫れが引かないようなら、外科に行ってみようと思う。

もう一つ後遺症
Dc073107
(●コさんを真似して、写してみました)
登山靴を履くと、必ず踵ズレをして大きな豆。そして爪が死にます。
今回は、踵には十分にテーピングしてなんでもなかったのです。
が。。。親指は案の定、このような紫色に変身。
まだ、ジンジンと痛みがあります。
下山時なんとなく指痛いなと思いながら歩いていたんですが、
やはり、親指の爪が死んでいたとは。
それでもなんとか痛みがあるもののジョグ再開してます。
ガンバルじゃん。わたし。

2008年7月30日 (水)

指が変

一昨日から、右手の人指し指が根元からなんとなく変な感じを受けてました。
昨日ごろから痛みが出てきて、今日になって腫れている感じです。
仕事でボールペンを持っても力が入らず、イタタです。
指を折り曲げても手の平まで指がつかなくなってしまいました。
何でしょう。この指の感覚。
やはり、病院で診てもらったほういいのでしょうか?

2008年7月29日 (火)

富士登山2日目

Photo_3 Photo_4
   (28日 昼)          (29日 昼)
昨日と今日のお昼のNHKの番組で富士山頂から生中継をしてました。
昼休みウォーキング中にちょうど中継時間と同じ頃に富士山の写真を写してました。
昨日は一日中姿を見せていた富士山ですが、本日は朝から雲がかかり姿を見せていませんでした。でも中継では天気快晴で放映されていました。
やはり、登ってきたばかりなので気になります。
平日で登山客が少ないので山頂の神社の姿も良く見えてました。

Conv0114
さあ、これから二日目の登山の始まりです。自宅から天気がよければこのような登山者のライトの道が見えます。
私達メンバーもこの中の一人となりました。

7月27日(日) 深夜1時~
12時に床を出て、準備開始。その前に空を眺めると満天の星空。綺麗でした。感激です。heart04
仕事を終えて後から来る、夫君が合流するはずが来ていない。不安になり携帯をかけるとなんと7合目に先に行っているとの事。高山病になるとこまるから先に行っているとか。連絡くらいすればいいのに。まったくマイペースな夫君です。

Conv0065 予定通り1時出発。8合目ぐらいから徐々に登山する列が混みだしてきました。
9合目まで約2時間。夫君とやっと合流できました。
順調に行けば後1時間ほどで山頂に着くはずが、ここから渋滞続きで前になかなか進みません。ゆっくりゆっくりと一歩一歩登っていくだけです。
その内に周りがだんだんと明るくなってきました。
この進み具合では、とても来光の時間4時45分頃にまにあいません。
それでも周りのだんだんと明るくなっていく様子がなんとも言えない景色でそれだけで感激です。
立ち往生しているとご来光を見て下ってくる登山客とすConv0063れ違いが多くなってきました。
5時半ごろやっと山頂に着く事が出来ました。、人。人。人で混雑している神社の前でなんとか記念撮影です。
Conv0064 その後剣が峰を目指しましたが、ここも渋滞で行く事が出来なく断念してきました。
その後お鉢を回り河口湖口へ向かいました

Conv0074_2
その途中に、。すばらしいものを見る事ができ感激もひとしおです。
それは、影富士と虹とブロッケン現象。初めての体験でした。

そしてそして、私の一大イベントがやってきました。Conv0081_2
海抜0メートルの海岸(ほんとの1合目)からもってきた海水を富士山にこぼしていくことです。
念願叶いうれしかった。

さぁここから須走り口から下山開始です。
砂走りをどう下っていくかが問題です。なれないと足をすくわれます。
今回で砂走りは御殿場口を合わせて3回目です。
慣れてきたようで、1回も尻もちを付かずに降りてこれました。

Conv0109
須走口からバスに乗り御殿場までやってきました。
みんな、達成感ある顔をしています。登頂ヽ(^o^)丿

2008年7月28日 (月)

富士登山

Conv0113_2
(クリックで写真大きくなります。18:30撮影)
今日の富士山は、朝から夕方まで夏山の姿を見せてました。26日もこのように姿を見せていてくれたらよかったのにと思ってました。

昨日、埼玉のラン友と夫くんと8人で富士登山に行ってきました。
一番てっぺんのとんがった部分の3776mの観測所まであと数メートルという処までいったのですが、渋滞で前に進むことが出来ずに断念しました。
富士登山約3770m登頂fujiでした。

オリジナルアルバムです

7月26日(土)
Conv0001 埼玉組が、地元の駅・富士駅11:18に着く前に田子浦海岸に行って海水を汲んできました。
海抜0メートルの海水を山頂に注いぐのが念願だったのです。
この海水を汲むのにとんでもないドジをしてきまいした。
もうすっかり登山気分で、上から下(シューズはスニーカー)までしっかりと登山の格好をして海岸に行ったのです。
波打ち際で汲めばいいなぁ~と軽く考えていたのが間違いでした。
波が来ないと思って気をゆるくしていた瞬間に「ドドォ~~」と波がズボン目掛けて。。。bearingもちろんズボン・シューズ ・ソックスはずぶぬれです。
そんな事してましたら、釣りをしている男性の方が海水を汲んでくれました。助かりました。そして急いで帰り、ズボン・ソックスを洗いドライヤーで乾かしました。

Conv0005 ドジ時間でバタバタしていたら埼玉組が着く時間。急いで自転車をこいで駅まで向かいました。
11:18埼玉組到着。1ヶ月半振りの再会です。
いやいや珠美さんとは、3年ぶり。なつかしいぃ~happy01
カコさんとは、先週あったばかりだよね。
そして、身延線に乗り富士宮駅に向かいました。
Conv0014 バスターミナルで登山バスチケットを購入し、富士山本宮浅間大社に向かいました。
湧玉池バス停の時間が14:20初。時間まで浅間大社内の散策と昼食をとりました。
昼食はお宮横丁で「富士宮やきそば」をラン友と食べ、そのほかにもおぜんざい、バーガーなどそれぞれ好きなものを食べていました。
時間通りに登山バスに乗り、バスは順調に5合目まで走りました。

Conv0038
15:45いよいよ6合目の山小屋を目指してさぁ頑張りましょう(^_^)v

Conv0047 山小屋の夕食時間まで時間がありましたので、宝永山巡りをしてきました。
(上の写真右側の中央のとんがった部分です。)

Conv0054 夕食は、山小屋の定番のカレーです。
カレーだけの夕食ですが、ここで食べるからおいしいのでしょうね。

Conv0050_2 登山の準備をし早めの就寝です。
山小屋は改築したばかりのようで、木の匂いがしました。
登山は何回もしていても、山小屋初体験でした。

2008年7月24日 (木)

梨状筋痛

2日ほど前から、なんとなく痛みが出てました。
以前、痛みをそのままにしていたらすごく長引いてしまったことがあります。
最近では、痛みが出始めるとすぐにかかりつけの整体術(整体といってもボキボキとはしません。矯正です)にすぐに飛んでいきます。
お尻を触った途端に梨状筋が痙攣したと先生が言ってました。本人は全然わかっていませんでした。びっくりです。happy02
お尻以外にも肩、背中が硬くなっていているようで、ほぐして矯正をしてもらってきました。
直ぐに痛みは引くわけではありませんが、気持ち的に一安心ということです。

小布施の翌日

7月21日(月)連休3日目

Conv0010 Conv0011
前日から山梨県の白州の道の駅で車泊rvcarをしてました。早朝は、小雨が降っていたのですが、天気は回復するだろうと5時半すぎにrvcarを出しました。

Conv0013_2 本日の目的地は夜叉人峠~鳳凰三山へのトレイルランです。
Conv0012 夜叉人峠の駐車場から先は、一般車は通行止めです。
私達の行き先は、ここより先ではなく、駐車場の手前からです。

Conv0014
30分ほどして夜叉人峠に着きました。ガスっていて周りが見えませんでした。(7:45)

Conv0019 夜叉人峠から40分ほど行きました。だんだんと登っていくにしたがって、ガスがかかり回りが見えにくくなってきました。
2700mまで行く予定でした。Conv0020
でも、軽装備でこの先行くのはどんなものかと、、、山を甘く見てはいけない。
それと私の左足の股関節が痛みだしたので、先にいく気力がなくなってしまったからです。
夫君はまだ行きたかったようですが、引き返してきました。
駐車場に戻り、車の隣が空いていたのでシートを引いてコーヒータイムをしてくつろぎました。、小腹が空いた感じをうけカップラーメンも食べました。
駐車場を10時半すぎに立ち、自宅へ向かいました。昼過ぎには自宅に到着。
沢山ある洗濯物をして、家の掃除をした午後は終わってしまいました。

2008年7月23日 (水)

アルバム

富士山試走のアルバムを遅ればせながら作りました。

小布施見にマラソン当日

7月20日(日)大会日

Conv0002_2駐車場も、ゴール地点に一番近い場所とあって、早朝4時前から満車状態になってきました。ここからシャトルバスに乗ってスタート地点に移動するのです。
(画像は前日のものです)
左側がゴール地点の公園です。
5時半にシャトルバスに乗り込み、スタート地点へ移動しました。
もう会場は、大勢のランナーでいっぱいでした。

小布施見にマラソンのコースです。(右側の2行目のランデビューを見ますとよくわかります。写真がでてきます。)普通の大会とはちょっと違ったコースです。
給水も約1km置きにあったり、ボランティアの皆さんには感謝の気持ちいっぱいです。
スタート地点では小布施消防団ラッパ隊から始まり、各々コース上では、バンドの皆さん(6チームほどベンチャーズではなくてモンチャーズとかhappy01)そのほかには太鼓。オカリナ。バイオリン。フルートなどなど
そしてゴール前には、高校生ダンス部の皆さん。ゴールステージにはフラダンス部の皆さんと大勢の皆さんが盛り上げてくれました。

Conv0009
スタート地点とゴール地点が違うワンウェイコース。荷物を預けスタート地点に向かいました。今回のレース初披露の上下ブルーのウェアーを着ました。
スタート時間まであと少しです。アップをしたのですが、体というよりも足が重く感じ動かないのです。
この原因は。。。先週の富士山fuji練習と先日の所要での疲れだと思います。
ゲストの皆さんのと主催者の挨拶が終わりいよいよスタートです。
思ったとおり足動かない、スピード出ないで苦しみました。bearing
スピード練習もしていなかったから、スピードが出ないのも当たり前でしょう。
そういえば以前小出道場で見た覚えがある。マラソンは足が重く感じるほうがいいが、ハーフは足が軽いほうがいいと。。。
止って歩きたい気持ちをなんとか振り切って、10kmまでは頑張ろう。あと何キロ頑張ろうと心の中で思いながら走ってました。
途中の民家の中では、おじいちゃん、おばあちゃんの声援がとてもうれしく思えました。
多分30才台の女子だったと思います。前半私を抜いて前を走ってました。
15km過ぎまで一旦距離を置いて後ろを走ってました。が。前行く彼女がペースダウンしだし、追いつく事ができ抜かしました。その後、私もペースダウンしてきたので、抜かれるのではないかとひやひやしてましたが、ゴールまでなんとか逃げ切ることができました。

ラスト1km、昨日の公園のコースのナゾがわかりました。
公園を2周するのでした。これがなかなか長くて手強い距離でした。早く早く内側のコースに行きたい。でもなかなか行けないのです。内側に入ってゴールがやっと見えてきました。
足がまったく動かなく辛い辛いなんとかのゴールでした。1:42 せめて40分切りたかったなぁ~と反省。

Conv0023
ゴール後にやっと会えたカコさんご夫婦と記念撮影。ダブルnabe

Conv0011 Conv0012
ゴール後は、こんなにうれしいフルーツバイキングサービスがありました。
スイカがとってもおいしく何切れもいただきました。
なくなればどんどん出てきます。 スタッフの皆様ありがとうございました。

Conv0016 そんなに良いタイムでもなのですが、年代別8位に入賞する事ができました。

前半は多少の上りではあるけれども、走り始めからまったく足は動かなく、ペースをやっと維持している状態でした。
そして後半、大大沈没down
しっかりと22:30ペースで走れるように、これから意識して練習していこうと反省です。
次のハーフでは、しっかりと走れるようにしていきたいです。

Conv0015
部門別では違いますが、同じ8位入賞できたカコさんと一緒に。
遠征して、ダブル入賞はとってもうれしいことです。heart04

2008年7月22日 (火)

小布施見にマラソン前日

7月19日(土)
小布施見にマラソン前日です。とってもハードな移動日trainbullettrainとなりました。dashdashdash
長野県に移動するのに、夫くんとは別行動になりました。
私が、東京に所要で行かなくてはならなかったからです。朝夫君に送ってもらい、6:04初のtrainに乗り込みました。
今回初めて気がつきました。(遅いってbleah)新宿経由で小田原から小田急線に乗り換えて行くとJR東海道線よりも料金が安いのです。そして時間も2:45と早い。(JR3:00)
東京に一人で行くことは余りないので、なんとかやっと辿りつく事ができました。

Conv0006 午前中に所要をすませ12時半頃のJRに乗り大宮に向かいました。
大宮からは長野まで新幹線bullettrainです。長野新幹線は初めて乗りました。自由席は満席でした。2駅くらいで空席が出来、やっと座る事が出来ました。

その頃夫君は、菅平高原でクロスカントリーコースで練習をしていたようです。

14:45頃長野駅到着。3年ぶりの長野駅です。

Conv0005 Conv0004
そして乗り継ぎ 長野電鉄14:59発の急行に乗りました。小布施着15:22
夫君に連絡を取り、合流しました。もう受付は済ませてくれてました。

Conv0008 Conv0007
しばらく会場をうろうろしたから、汗を流しに温泉へ行きました。

Conv0020_2 Conv0021
その後、本日のrvcar車泊地「オアシス」へと向かいました。ネットで探した場所。ここがゴール地点だとは知らなかったのです。
散策していると、ゴール地点のポールがありました。準備に忙しそうなスタッフの方々もいました。
Conv0019 ゴール前のコースですが、このコースはどうなっているのsign02と首傾げました。
その応えは、明日の大会でわかったのでした。
Conv0018

そして、子供達が噴水で遊んでいます。
この光景は、明日のゴール後には、自分も同じ事をしていたのでした。

長い長い移動の一日が終わりました。少し疲れ気味です。
明日大丈夫かと、少し不安です。

2008年7月14日 (月)

変な足

筋肉痛になると、決まって足が浮腫みます。何故sign02
他の人はどうなのかな。
すごいよsign03すごいよsign03私のふくらはぎは。。。
普通でも太いふくらはぎが、1.5倍位に太くなっているます。

2008年7月12日 (土)

富士登山競走大会コース試走

Dc071201_2
(7:10写)
今日は、埼玉組(髭さん&mimi姉さん)と静岡組&千葉組の市川@ヨーコさんと合同fuji富士山試走をしてきました。
最初の予定は13日にしてあったのですが、千葉組が12日に試走にくるということで急遽本日に変えました。
千葉組とは、スタート地点が違うので最初から最後まで会えずしまいでした。
でも、携帯で連絡しあったりして同じ空間を練習していました。ヨーコさんと会えなくて残念でした。weep連絡ありがとうございました。
髭さんもmimi姉さんも先週8時間耐久で70km以上走っているのに、疲れも見せずに富士山頂まで往復とは恐れいりました。

Dc071203 髭さんご夫婦と我が家の4人単独の練習会は初めてのことした。うれくてウキウキとしてました。
6時半に浅間神社で落ち合い、中の茶屋に出向きました。
中の茶屋に行く間にも、朝早くから試走を行っているランナーの姿を見ました。がんばってますねぇ~scissors
今年は富士登山競走にエントリーしていないのに、富士山fujiへ何故sign02
昨年参加してキツイコースの試走を何回もしたので、今年も行きたくなったからです。
Dc071232 中の茶屋を7時半前に出発し、馬返し~五合目までmimi姉さんと一緒にゆっくりゆっくりと上っていきました。
髭さんと夫くんが先にいて待ちくたびれておりました。
休憩をし、ここから山頂を目指しました
9時20分ごろ。6合目を過ぎたところで。富士山が姿を出している内に写しました。

Dc071210
10時10分ごろ、7合目で休憩中。
夫君まだ元気です。この先から。。。
高山病にかかりだして調子が悪くなってきました。

Dc071211_210時55分ごろ、雪が残る場所で。
元気にふるまってます。
疲れてきました。

Dc071213_2 11時15分、やっと8合目 に到着です。
後もう少し。頑張ろうdash
9合目からは、登山する皆さんが列をつくって渋滞です。先になかなか進みませんでした。

Dc071216_2
髭さん、3時間45分(でいいのかな?)チャコ5時間。mimi姉さん遅れること10分。
夫君は、高山病にかかりずいぶん遅く20分以上かな?ちゃっと山頂に到着です。
先に来ていた髭さんに、1時間半以上も待たせてしまって、体冷え切ってしまって申し訳なかったです。

Dc071220 Dc071223
お鉢を見て、下山を開始しまいした。14:00新5合目との分岐点までやっときました。
夫君が、調子悪くてゆっくり下山です。

中の茶屋~馬返し~五合目(途中の休憩含む)1:52 
五合目(休憩8分)~山頂(途中休憩含む) 3:00 

山頂~新五合目分岐点    2:05(山頂での休憩時間30分位含む)
分岐点~五合目~馬返し   1:02

中の茶屋まで行く気力がなくなって、先に着いていた髭さんに迎えに来てもらいました。

上り 5時間 下り 3時間10分(茶屋までの区間はカットです。プラス30分位かな)

その後疲れた後は、温泉に入り体を休めてきました。

お疲れ様でした。楽しく一日を過ごせましたnote

2008年7月 9日 (水)

女子高校生はすごい

昼休みにウォーキング中に見たのですが、小柄で細身の女子高校生が、上り坂をbicycleを漕いでいる様子。
会社近くは、坂が多いところです。私の横をスイスイと汗も余りかかずに漕いでいきました。
それにしてもすごい。dashdashdash毎日通学hotelで通っているから、慣れているからだと思います。
私は自転車に乗っていないから、坂はbicycleから降りて押していかないと上っていけません。
太ももがプルプルといっちゃいます。happy02

2008年7月 7日 (月)

7月7日

本日は、忘れられない日
心に留めておきます。heart02

2008年7月 6日 (日)

暑さにまいりました(>_<)

2_dc070603_2 午前中の暑さsunにはまいりました。wobbly
今まで比較的涼しかったので、身体が暑さについていきませんでした。
そして今日は、いつものお山コースロングを反対周りで行ったのがよくなかった。bearing
最初は蒲原堤防を走ってから長い長い上りです。
堤防はもろに暑さをうけて、海の反射もあり「暑い。暑い。」を連発しながら山に向かいました。
上りだしの急坂はまだまだ元気でした。でも日陰無し。暑いところを上りを頑張ってrunました。
そのうち、だんだんと顔がほてり頭が痛くなってきてしまい、歩きました。
この先まだまだ続く上り坂。どうしよう。と、思った矢先に、恵みの沢の水がありました。
金曜日に雨が降っていたので、沢の水が多く流れていてそして冷たい。
顔を冷やし、手足首に水をかけて生き返りました。気持ちよかったです。
水で冷やした体で、なんとか日陰無しの坂を上っていくことができました。
上りきってやっと林道に入り、日陰も増え(日陰はやっぱり涼しい)runることができました。
林道は少しの区間です。後はまた太陽が燦燦と照りつける場所。流石にバテマシタ。sadwobbly
Dc070602
途中では、第二東名の工事中です。左側が第二東名の下り線の橋げた。
右側が、上り線のトンネルです。真ん中のトンネルはsign02

本日は、8時間耐久レースが開催されています。
60km以上走っている様子。
私達は半分の距離でバテテいるので、体力ないなといつものごとく感じました。

その頃夫は。。。

7月5日(土
夫君は、私が選考会に参加している間、東京を観光ランしてました。

Dc070603 品川駅bullettrainからは、夫君は東京へ向かいました。
先ず初めに皇居2周してきたそうです。run
おのぼりさんランなので、デジカメ持ってのランです。camera
2回目の超~~久しぶりの皇居ランを楽しみにしていたようです。lovely

Dc070611 Dc070606
次にお台場を目指そうとレインボーブリッチの上を走っていったようです。
距離は、1.5kmとか。地元の新富士川橋と同じ位の距離です。
もっと長く見えますが、そんなものなのですね。shoe

Dc070609_2 Dc070615
いよいよお台場です。右の写真なんだかわかりますぅ~~
下から眺めて球体を写したものです。
Dc070614_2
目覚ましテレビの、「きょうのわんこ像」だって。
私が良く見ているから、写してきたんですって。
かわいいわんこ像だこと。dog

ここまでランしてきて、暑さ負けて帰りはtrainに乗って帰ってきたそうです。

2008年7月 5日 (土)

WGHウルトラチャレンジ2次審査

Dc070502_4

ストロングホールズ主催の ウルトラマラソンチャレンジ企画の2次審査にmimi姉さんと共に行ってきました。dashdashdash
チャレンジ企画を知ったのは、mimi姉さんからでした。
教えてもらったのはいいのですが、応募はぎりぎりまで迷ってました。pencil
100kmも走れる体力があるのかと。プレッシャーかかるし。それよりも、文章下手な私としてはどのようにアピールしたらよいものかと。。。sweat01
最後に、もうこれでいい。「えいやぁ~~」で送信しちゃいました。coldsweats01
そして6月27日に、一次審査通過のメールが来て「受かっちゃったぁ~」とうれしいやらこれから先どうしたらいいのやら心配になってしいました。
教えてもらったmimi姉さんはどうなんだるうか?直ぐに知らせを聞きました。
お互いに一次審査通過(20名)し、喜びあいました。heart04heart04

Dc070506夫君も一緒に行きました。品川まで一緒です。その後は、夫君は皇居~お台場と観光兼ねて走りに行くと言って分かれました。
朝7時すぎのtrainに乗り、三島からbullettrainに乗り換え9時頃到着しました。
会場は、品川健康センター7F。
参加者の皆さん、ほとんど同じ時間に到着してきていました。
内訳は女子男子半々くらいでした。

Dc070503 受付は9時半から順次行われました。健康診断書を提出し、体重・体脂肪・モモの太さを計測しました。(mimi姉さん計測中)
そして、会場に入り説明を受け、6人ずつ分かれてのシャトルランでした。
シャトルランってどんなことするんだろう sign02初めての経験。
リズムに合わせて20mを行ったりきたり。だんだん速くなるリズム。スピードがついていけなくなった時点で中止。というものでした。
mimi姉さんは、第1チームで不利でしたね。まだ訳がわからず状態のままで終わってしまったようです。
私は3チーム目でした。前の2チームを見ているので、走り方がわかりました。
男子最高130。女子100以上?でした。そういう私は。。。84で沈没でした。bleah

Dc070510
シャトルラン審査(11時半)が終わり、mimi姉さんと共にスタッフ方々と記念撮影をさせてもらいました。そして次の面接会場へ向かいました。

Dc070513 Dc070515
面接会場の品川インターシティーホール(地価会議室)前で、完全におのぼりさん。記念撮影しました。
mimi姉さんの、付き添いのsatuki28さんです。ウルトラの大先輩です。相談にのってもらえる、強い見方です。good

Dc070516 Dc070517
まずは、面接前の腹ごしらえ。腹が減っては戦がデキヌです。riceball

面接もグループに分けて5人ずつです。mimi姉さんは13時から、私は最後の4グループで予定は14時~。
でも大幅に遅れて、15時頃でした。女子1人。後男性。そして質問も最初の一人でした。待っている間はなが~~く感じてました。早く終わってほしと時間が来るのを待っていました。
待っている間に○リールの取材を受けてました。このコメントも載ってしまうのかな?sweat02sweat02sweat02
もう面接は怖かったです。ドキドキと舞い上がってしまって何を言ったのか忘れちゃいました。
その後、夫君と東京で合流し16時の鈍行trainに乗り、時前に自宅に着きました。

今日一日行ってみて、20人(19人)同じ目標を持っている方たちです。
面接を待っている間にいろいろと話が出来て、連帯感ができた感じです。
合格するのは6人です。どんな結果でも20人に選ばれただけでも良かったと思っています。

2008年7月 4日 (金)

朝から。。。

Dc070401 早朝4時半頃だったかな?バリバリバリ、、ドッスンという音で目が覚めました。それはthunderthunderthunderの音でした。2回ほど続けて鳴ってました。
その後すぐにrainrainrainです。すっごい大雨。集中豪雨です。
幸い、私の住む場所は何事もなく朝を迎えたのですが、仕事先の地域では、冠水がいたるところで起きていたようです。
朝は、バイパスの出口から渋滞。下りてみると直ぐに警察官がおり、「この先冠水のため交通止め迂回するように」とのこと。
迂回車でどこもかもいっぱいで、結局仕事先についたのが1時間半の大遅刻となったしまいました。
友人の旦那様も5分でいけるところが、40分かかったと言ってました。
朝からいい事ないことを引きずって、夕方に。。。cryingcryingcrying
目が目が。。。腫れてしまってます。あぁ~~あ、どうしたらいいのかな。
テンション下がってランにも力が入りません。蒸し暑い事もありますが。。。

2008年7月 3日 (木)

おかしい行動

昨日といい、今日といい、仕事がミスばかり。
自分ではちゃんと書いているつもりだったのに、とんでもなく違うことを書いている。
上司に指摘されて初めて気がつありさま。
そんな事を続けて起していた。
頭がず~んと痛いような感じもある。なにかあるのだろうか。

一番の原因は寝不足かぁ~仕事中眠くて仕方がないもん。

2008年7月 1日 (火)

山開き

Dc070101 7月1日。本日は富士山の山開きでした。
天気がしばらくよくなかったのが30日夜には、天候もよくなってご来光が見れたようです。
富士宮口8合目 午前4時半ごろの様子です。
今月末には、私も埼玉の仲間と登山の予定です。
そして、夜の登山は初めてです。
昼間の歩きは慣れてますが、夜はどんな歩きが出来ることか。綺麗なご来光を見れることを願うばかりです。
Dc070102
浅間大社では、山開きの行事の御神火祭が行われました。
TVでは見た事があるのですが、地元なのに、まだ一度も見たことがありません。
一生に一度は、登山をするなら見にいかなくちゃ。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »